にわかポケ勢のメモ帳

ポケモンについて

【チャンピオンリーグ使用構築】天地崩壊ギャラガルド【最高1765/最終1753・31位】

はじめに

アローラ( •̀ᴗ•́ )/

今回は、公式大会「チャンピオンリーグ」にて使用した構築の紹介となります。

例によって今回も事前に練習用の仲間大会に参加したり、情報収集をして構築を考えた結果、最終的に↓の並びを使用していました。

大会概要

ポケモン徹底攻略様より引用

構築経緯

①まず始めに、自分が1番好きなポケモンであり、今回どうしても使いたいと思っていたバイバニラと、8世代の禁伝無しシングルで猛威を奮っており、自分もよく使用していたダイマエースバーンを採用。この2体を軸に構築を組んでいこうと考えた。

②続いて、エースバーンが選出しにくい場合のもう1つのダイマ枠としてドラパルトを採用(この時点ではこのドラパルトの型は決まっていなかった)

③続いて受け枠について。自分はサイクル戦術が苦手なため、迷走が続いていたが、とある方」からアイデアを頂き、ねむカゴHBギャラドス残飯HBギルガルドの並びを採用。原案ではHDオボンバンギラス+HBエアームドやアッキカイリューも候補として挙げて頂いていたが、実際に仲間大会で試したところ、自分のプレイングスキルでは相手の強力なダイマアタッカー(特に珠エースバーンやギャラドス)をいなすのは難しいと判断したため、使いやすかった前者2体を採用した。

④サイクルを回す選出をすることが多くなることを予想したため、メイン技の通りが良く、ダイマを切らずとも相手に大きな負荷を掛けることの出来る鉢巻バンギラスを採用。

⑤物理アタッカーが多くなった関係上、ドラパルトを特殊型にすることで、構築が完成した。

 

コンセプト

①タイマン性能の高いで1:1以上の交換を狙う。(対面選出)

②上記の戦術が取れそうにない場合、を絡めたサイクルを回しつつ、隙を見てのいずれかで負担をかけて崩しに行く(攻めサイクル選出)

 

以上の2パターンの選出を相手に応じて切り替えられるように意識した。

また、このルールではダイマ権の取り合いになりがちと感じたため、を除いて、極力ダイマを切った場合・切らなかった場合共に動かしやすい型のポケモンを採用するようにした。

 

個体紹介

バイバニラ@きあいのタスキ

特性:ゆきふらし

性格:うっかりや

実数値:147-115-105-178-90-131(D個体値0のものを使用)

努力値:A4 C252 S252

技:ふぶき/フリーズドライ/ミラーコート/こおりのつぶて

調整意図

CS:極振り

A:余り

D:個体値0&下降補正(ミラーコートによるダメージを増やすため)

 

BWの初見プレイで出会った時から1番好きなポケモン。今回は歴代チャンピオンの手持ちのみが使用可能なルールということで、飛行やドラゴンが環境に非常に多く、単に好きだからという理由のみではなく「絶対に活躍できる」と確信したため迷わず採用した。

技構成は対面性能に特化した4つを選択。襷枠として採用しやすい氷タイプには他にパルシェンがいるが、あちらと違い全抜きするほどの突破力は無いもののフリドラでミロカロストリトドンといった面倒な耐久水タイプの弱点を突けたり、レアコイルカメックス等の特殊アタッカーをミラコで返り討ちにできる点が強かった。

最後の手段である絶対零度も採用しようか悩んだが、今回のような一発勝負の場でこういった技を採用して良い結果になった試しが無いので断念。

特性により霰の天候ダメージを稼ぐことができ、見た目以上に多くのポケモンに殴り勝てる。また吹雪とフリドラには低確率だが凍りの追加効果もあるため、自然と運を味方につけやすいのも魅力。

基本的には刺さっているPTに対して初手に出すことが多かったが、相手がメタグロスギルガルドバンギラスやエースバーンを初手で出してきそうに見えた場合は裏に置くこともあった。

弱点は連続技やステロ、砂嵐による襷潰し。特に、一見有利対面なはずのドラパルトが鉢巻を持っている場合ドラゴンアローを耐えられず、出落ちしてしまうと目も当てられない。

しかし、何故か選出段階でこのポケモンを警戒されないことも多く、吹雪連打のみで2タテ、3タテしてイージーウィンを拾えた試合もいくつかあった。

合計種族値が高い割にアンバランスなことばかりが有名になっているが、剣盾では環境に恵まれることも増え、今回の大会ではレート上げに大きく貢献してくれた。9世代でも内定してほしい…

 

エースバーン@いのちのたま(キョダイマックス個体)

特性:リベロ

性格:ようき

実数値:155-168-95-x-96-188

努力値: A252 D4 S252

技:かえんボール/にどげり/ギガインパクト/ふいうち

調整意図

AS:極振り&最速

D:余り

 

この構築のメインとなるダイマアタッカー。今作の環境では長い間暴れていたポケモンだったが、例に漏れず今回の大会でも非常に強かった。

技構成はメイン技の火炎ボール、仲間大会の時に何度か見かけ、本番でも一定数いた初手襷アマルルガや頑丈イバンボスゴドラによるステロ展開を破壊するためのにどげりミロカロスギャラドスウインディを後投げされても大ダメージを叩き出すことができ、トゲキッスギャラドス対面でお互いダイマした際にSを逆転させない為のギガインパクト、ドラパルトへの最大打点&非ダイマ時の対面性能を上げる不意打ちの4つを採用した。

キョダイカキュウやにどげりのおかげで相手のステロ要員を潰しやすく、バイバニラを裏に置いていても襷を潰されにくくなるのが非常に心強かった。

特性発動後のミロカロスやアッキカイリュー、威嚇持ちギャラドスウインディに受けられてしまう点を除けば文句なしの最強ポケモン

 

ギャラドス@カゴのみ

特性:いかく

性格:わんぱく

実数値:191-145-143-x-120-114

努力値:H164 B244 S100

技:/たきのぼり/とびはねる/りゅうのまい/ねむる

調整意図

S:物理受けギャラドスミラーで上を取れるようある程度速く。また、1竜舞で最速ガブリアス+2になる

HB:余りで極力物理耐久が高くなるように

※この調整は、過去に禁伝無し環境で結果を残していた複数の方の記事から丸パクリ参考にしました。

 

物理受け&相手のエースバーン対策枠。基本的には相手のエースバーンに合わせて後投げし、1発受けて後攻眠る→ダイウォールor竜舞で切り返す。並の攻撃であれば2発は耐えられる上、Sに多く割いている為威嚇ギャラドスミラーでもこちらが先に動くことができ、相手の飛び跳ねるを見た後にこちらが上から飛び跳ねるを使える場面が多かった。

何よりも、受け枠でありながら積みアタッカーになることができ、ダイマを切っても切らなくても戦えるのが本当に素晴らしい。不意の電気技で即死してしまう懸念点はあったが、幸い今回の大会中エースバーンにダイサンダーを撃たれることは1度も無かった。

飛び跳ねるもほとんど外さなかったので最高のポケモン

 

ギルガルド@たべのこし

特性:バトルスイッチ

性格:のんき

実数値(シールド):167-70-211-70-161-58

実数値(ブレード):167-160-112-160-71-58(S個体値0のものを使用)

努力値: H252 B252 D4

技:シャドーボール/かわらわり/かげうち/キングシールド

調整意図

HB:極振り

D:余り

S:極力下から動きたいため最遅

 

2体目の物理受け&相手のダイマ枯らし要員として主に使用。初手キョダイラプラスや壁展開への対策として、瓦割りを採用した。①ラプラス対面でギルガルドに退き、キョダイセンリツを受ける→②キンシでダイストリームを受ける→③最終ターンにシールドフォルムのまま瓦割り の順に動くことで、比較的安全に相手のダイマを枯らしつつ壁を破壊できる。

ラプラス以外にも様々なダイマアタッカーと対面することが多かったが、残飯+キンシによる絶妙な耐久と、タイプ耐性によりダイナックルとダイアシッドを無効化出来るのが地味ながら便利だった。採用率の高いメタグロスや、構築単位で重いパルシェンに強いのも◎。

 

ドラパルト@たつじんのおび

特性:すりぬけ

性格:おくびょう

実数値:163-x-95-152-96-213

努力値:C252 D4 S252

技:りゅうせいぐん/シャドーボール/10まんボルト/だいもんじ

調整意図

CS:極振り

D:余り

 

技タイプの色がやたらカラフルな特殊ドラパルト。構築に物理アタッカーが多くなったから、という安易な理由で特殊型にしたが、意外と読まれにくく、かなり活躍してくれた。

環境にいたギャラドスカイリューはエースバーン対策でHBに振られており、あまりSに割いていないものが多く、1度ダイジェットを使われる程度なら死に出しでドラパルトを出す→上からダイマ技で弱点を突くことで解決できることがほとんどだった。

技構成はドラゴンに対する打点の流星群、メタグロスギルガルドに刺さるシャドボ、ギャラドスを誘殺できる10万は確定で考えていた。ラスト1枠は大文字を選択したが、ゴリランダー以外に撃つ機会が無かったため、ドサイドン等に有効なドロポンかトリトドンを倒せるソラビでも良かったかもしれない。

天敵のバンギラスに何も出来ない点以外はとても使い勝手が良かった。

 

バンギラス@こだわりハチマキ

特性:すなおこし

性格:いじっぱり

実数値:207-204-130-x-120-82

努力値:H252 A252 S4

技:ストーンエッジ/かみくだく/かわらわり/じしん

調整意図

HA:極振り

S:余り(無振りバンギラス抜き)

 

構築の最後に入ってきたポケモン。当初はHDオボンでステロや電磁波を撒く役割にしようと思っていたが、相手の初手エースバーンが非常に多く、使うのが難しいと判断したため、有利対面で通る技を押しているだけでサイクルを崩壊させられる鉢巻で採用。あまり選出機会は多くなかったが、出した試合ではほぼ確実に仕事してくれた。ギルガルドと同様、瓦割りを採用しているため壁展開にもある程度抗える。耐久と火力が非常に高いためダイマしても強かった。

アッキカイリュー対面では、砂嵐でマルスケが潰れる→相手が即羽休め連打 の場面が多かったため、Bダウンに期待して噛み砕くを連打していたが、そのまま突破してしまったり、痺れを切らした相手が交代して引き先に大ダメージを与えたりと割と良い結果になることが多かった(立ち回りとしてはかなり怪しい気がするが)

地震は1度も撃たなかったので冷凍パンチの方が絶対に良い。

 

選出パターン

多かったものだけ。

+or+or

基本選出。初手バイバニラで荒らし、不利な相手が来たら受け枠に退くか死に出し。隙を見てダイマアタッカーで突破を狙う。

+or+

相手が初手アマルルガボスゴドラエアームドでステロを撒いてきそうな場合は、エースバーンのにどげりやキョダイカキュウで破壊し、そのまま押し切る。

何か++

サイクルを回しながら負担を掛けていく選出。初手はバンギラスを出すことが多かった。

 

苦手な相手

+or+

3体とも耐久が高く、カイリューの型が判別しづらい為苦戦した。

カイリューが電磁波を撒いてくると厳しい。

 

@こだわりハチマキ

個体紹介の項でも書いたがバイバニラが出落ちしてしまうので辛い相手。

そこまで多くなかったが、出された時は毎試合苦戦した記憶がある。

 

耐久振り@ゴツゴツメット

にどげりを耐えてステロ撒いてくるのやめてください。お願いします。

 

結果

TN:ブラック 最高レート1765/最終レート1753 最終31位

 

(記念写真)

*Special Thanks*

・ポッケさん

今回の構築を組む際に、使いやすくて強そうな受け枠のアイデアをいくつか頂きました。(今回使用したねむカゴギャラドスと残飯ギルガルド、それ以外の候補としてHDバンギラス、HBエアームド、アッキHBカイリュー等)

自分はサイクル戦術が得意ではないので、もし1人で構築を組んでいたら絶対に今回の結果は残せていなかったと思います。

ありがとうございました( ;‪ᯅ; )

 

最後に

前回の公式大会に引き続き、2大会連続で最終2桁達成&最高レート・順位を更新することが出来ました!!

しかも大好きなポケモンであるバイバニラを採用して満足する結果を残せたのでとても嬉しいです!

剣盾での公式大会がまだあるか分かりませんしSVが発売されてからになるかもしれませんが、次の公式大会も良い結果が残せるよう頑張りたいです。

ランクマもSVが発売されたら再開してぼちぼちやっていく予定ですのでよろしくお願いします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。