つのドリル信者の日記

主にポケモン(シングル/ダブル) 運要素が強いポケモンよく使います

【ORASシーズン16シングル使用構築】運ゲ厨式対面構築【最高2028/最終2010】

 今シーズンのレート1700後半辺りから使い始めた構築です。

安定しないのであまり強い構築ではありません。

 最高レートは2028、最終レートは2010、最終順位は374位でした。

f:id:Schwarz5555:20160729211201j:plain

f:id:Schwarz5555:20160729211211j:plain

 

 

f:id:Schwarz5555:20160718043124p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

性格:ようき

特性:きもったま→おやこあい

実数値:181-147(177)-100(120)-x-100(120)-156(167)

括弧の中はメガシンカ後の数値

技:すてみタックル/いわなだれ/グロウパンチ/ふいうち

シーズン14の頃からずっと使い続けているグロ雪崩ガルーラ。今回は主に受けループや、ゴースト枠にギルガルドを採用しているPT等、後述のメガゲンガーより通りが良いと思ったときのみ選出していました。グロ雪崩で運次第ではありますが、ヤドランやエアームドといった高耐久のポケモンを強行突破できるのが強み。ただこの型はガブリアスに対して弱く、PT全体がスカガブに対してあまり強くないため、グロパンを冷凍パンチにしたほうが良いかもしれません。

今までのシーズンよりも活躍できる機会が減った気はします

選出率4位

 

f:id:Schwarz5555:20160721222534j:plain

ガブリアス@こだわりスカーフ

性格:いじっぱり

特性:さめはだ

実数値:183-200-115-x-106-154

技:げきりん/じしん/ストーンエッジ/ほのおのキバ

 対面構築おなじみの意地スカガブ。主に対面構築ミラーや、クチートマリルリがいない場合にのみ出し、終盤から全抜きを狙ったりして使っていました。

 ただあまり選出できず、選出した試合も自分の立ち回りのせいかあまり活躍させてあげることができませんでした。

 PT全体で相手のスカガブが重いため、この枠はマンムーにした方が良いかもしれませんね。

選出率6位

f:id:Schwarz5555:20160721222549j:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

性格:おくびょう

特性:ふゆう→かげふみ

実数値:135-x-80(100)-182(222)-96(116)-178(200)

括弧の中はメガシンカ後の数値

技:たたりめ/きあいだま/さいみんじゅつ/みがわり

CSメガゲンガー。このPTのエースにして戦犯。このポケモンの当初の目的としてはガルーラ入りのPTに出し、ボルトの電磁波から上手くこのポケモンに繋ぎ、全抜きを狙うこと・・・なのですが、最近耐久振りのガルーラが多いためか気合玉を当てても一撃で落とせないことが多く、また催眠を当てても短いターンで起きられて返しの地震や、こちらの気合玉読みの不意打ち等で落とされる事もしばしばあり、ガルーラ対策としては全くと言っていいほど意味をなしませんでした。

 もちろん催眠を当てさえすれば不利な状況からでも一気に巻き返せる可能性は秘めていますし、実際何度か逆転して運勝ちできた試合もありましたが、現環境では鬼火や道連れ、滅び等を採用した方が間違いなく使いやすいと思います。

選出率3位 

f:id:Schwarz5555:20160721222707p:plain

バシャーモ@いのちのたま

性格:むじゃき

特性:かそく

実数値:155-140-90-162-81-144

技:かえんほうしゃ/とびひざげり/めざめるパワー氷/まもる

今期のMVP。初手から出して高火力で圧力をかけたり、消耗した相手のガルーラに対して出すことにより、ガルーラだけでなく裏にいることの多かったカバルドンガブリアスもまとめて処理出来たりとかなり活躍してくれました。

 終盤の方はカバガルよりガルクレセ軸のPTと当たることが多くなってきたため、選出率は控えめになっていきました。

選出率2位

 

f:id:Schwarz5555:20160721222829p:plain

化身ボルトロス@ラムのみ

性格:ずぶとい

特性:いたずらごころ

実数値:184-x-133-145-100-134

技:10まんボルト/くさむすび/でんじは/いばる

 カバルドンに絶対仕事させないマン。(なおステロは撒かれる模様)カバルカイリューのような起点を作ってからの積み構築、レパルガッサメタモンやボルトゴーリのような初手で起点を作って嵌めてくるようなPT相手にはほぼ必ず初手で出していました。

 PT単位で重いマンダや馬車といったポケモンを止めることも出来るので、選出もしやすく何もせずに落ちる、ということがなく使いやすいポケモンでした。後述のメタモンと合わせて全抜きを狙う動きも出来ますが、めざパを採用していない為、ガブやランドが重くなるのがネック。

選出率1位

 

f:id:Schwarz5555:20160721222846j:plain

メタモン@きあいのタスキ

性格;なまいき

実数値:155-x-51-x-85-74(HSのみの2V/めざパ悪の妥協個体)

技:へんしん/なし/なし/なし

 カバルカイリューやウルガマンダ等の積み構築、もしくは相手のPTにメガガルや馬車、メガクチのような強力な物理アタッカーがいて、そのポケモンをコピーして全抜きを狙えそうな場合のみ出していました。

 特にこれと言って説明する事はありませんが、このポケモンを6枠目に入れたことにより、積み構築に対する勝率がかなり良くなったので、個人的には正解だった気がします。

選出率5位

 

今期は使う構築を、対面構築一本に絞って潜り続けていました。

基本的に馬車ボルト+メガ枠orボルトメタモン+メガ枠の選出をしていました。

このPTで辛かったのはスカガブ、瞑想クレセリアメガフーディン辺り。あと、あまりマッチングはしませんでしたが、馬車が特殊寄りの構成のためメガヤミラミが非常にキツかったです。

今期は最高レートを更新することは出来ませんでしたが、今までと比べ少ない対戦数で2000までは行けたので、このPTを改良してシーズン17も頑張っていこうと思います。

 

ここまで読んでくださった皆さんありがとうございました。

また、マッチングした方は対戦ありがとうございました。